-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M-po.net遊☆きっず倶楽部が「子育て」「ママ」をキーワードに!生活情報配信します。。。

遊☆きっず倶楽部が運営する子育て情報サイトが、読売新聞でマムズライフが紹介されました♪以下、記事の抜粋です。


-地域密着子育てサイト(読売新聞):2007年01月05日(金) 00時00分
※オリジナルサイトは既に削除されています。



昨年12月に開設された「マムズライフ」のトップページ。
武蔵野市三鷹市で活動している市民グループ「子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部」が、子育て支援サイト「マムズライフ」を開設した。対象は、JR中央線沿線の武蔵野、三鷹市杉並区に住む子育て中の人。自治体の枠組みにとらわれず、生活圏を重視しているのが特徴だ。

子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部は、2004年に発足、武蔵野、三鷹市に子育てしやすい環境を作ろうと、地域の子育て支援グループの交流イベントなどを企画しているグループ。

サイト開設は、メンバーらが「子育てのための情報を紹介するサイトはあるが、子育て中に必要な生活情報を紹介するサイトがない」と考えたのがきっかけ。05年10月から準備を始め、先月オープンさせた。

サイトでは、「出産」「食育」「病院」「健康」など八つのカテゴリーに分けて情報を掲載。それぞれの分野の専門家が「サイト案内人」となり、施設やサービスを選ぶ際のポイントや注意点などを紹介する。

「保育サービス」の案内人を務める同グループ代表、加藤正樹さん(34)は、ベビーシッターの料金やサービス内容を比較。行政やNPOのサービスは料金は安いが利用回数などの制限が多く、一方、民間企業が運営すると価格が高くなる傾向にあるとして、「上手(うま)く使い分けるのが賢い利用方法」とアドバイスしている。

そのほか、国や3市区の子育てに関する行政情報のコーナーや、ネットを通して交流を深めるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も設置。今後は、「子育てが一段落した後の再就職支援」「防犯」など、ママの視点に立った情報も掲載していく予定だ。

加藤さんは「一方的に情報を流すのではなく、子育てに関係する多くの人たちと一緒にサイトを作り上げていきたい」と意気込んでいる。マムズライフのアドレスは、http://momslife.jp/




スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 10:35:33|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子育てサイトのあり方?

本日、杉並区の子育てサイト「すぎなみ子育てサイト」(まんまですね)がオープンしました。

そこで、子育てサイトについてちょっとだけ考えてみました。
東京都内の子育てサイトを探してみると、ふーん、案外少ないのに気づきます。
私のように武蔵野エリアで活動していると、世田谷があって、三鷹があって、今日杉並がオープンして…と、自分で立ち上げた『マムズライフ』http://momslife.jpが後発のように感じられますが、新宿や江東などに部分的に見られるものの、なかなか存在しないのが実情のようです。
また、掲載情報のほとんどが自治体サービスで、NPOとの協働でコンテンツを管理しているというサイトはほとんどありません。
そのような中、三鷹の子育てサイトはがんばっていると思います。
ネットワーク系のNPOだけを見ても、よく「西高東低」と言われますが、世田谷のせたがや子育てネット、三鷹の子育てコンビニさんをはじめ、品川・新宿・町田などで活躍が見られますが、当事者がニーズを配信しているサイトを増やしていけるようにしたいものです。
ここで大切な提言を一つ。
子育てサイトとは、子育てに必要な情報を配信するために作るものです。しかし、その前に考えなくてはいけないことがあると思います。
それは、どんな情報が求められているのかを把握すること。
そのために、NPOに協力・協働をもとめたり、当事者参加のワークショップなどを開催するのも手ですが、それでは不十分です。
サイトのシステムとして、ユーザーが情報配信できるようにすることが根本的な解決策。まぁ、使い古された言い方をすればWEB2.0の考え方を採用するということです。
しかし、自治体はこれが大の苦手なんですよねぇ…
だれが・どんな情報を配信するかなんて分かりませんから、へんな書き込みがあると怖いということです。
もっとも、それを解決するのもシステムなんですが。

国が少子化対策をおざなりにしていく動向が見て取れる今日この頃ですが、現在の子育て当事者から声を出していただき、またそのニーズに応えていくという基本姿勢を忘れないためにも、各地に子育てサイトができあがり、当事者参加のサイトづくりに取り組んで欲しいものです。



ドメインごと買取

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2007/01/04(木) 16:09:24|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。