-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

武蔵野市「ワークショップ・みんなでつくろう子育てマップin2007」

マムズライフNEWSより
みんなでつくろう子育てマップin2007
■平成18年度独立行政法人福祉医療機構助成事業
ママたちだけが知っている?!
クチコミ子育てマップづくりワークショップ

ちらしと申込書(fax)はこちら⇒kosodate_map.pdf
<1日目> 2月17日(土)10時30分~12時
『お茶を楽しみながら子育てマップをつくりましょう♪』
…サロン感覚でおしゃべりしながら、自分のオススメスポットを地図に書き込みます。
参加者には、紅茶かコーヒーをサービスします。
<2日目> 3月 3日(土)10時30分~12時
『家に居ながら子育てマップをつくる方法』
…参加者同士持ち寄った子育て情報を発表し、みんなで掲載情報を選びます。
なお、採用情報提供者には、1点につき100円をお支払いします。
<定員>20名 ※2回連続講座です。
<申込>下記にご記入の上、FAXで送信してください。
F A X  03-3396-7282
または、同じ内容を記載の上、メールでお送りください。
you-kids-club@ay5.mopera.ne.jp
なお、受付は先着順とし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
*参加者には、「クチコミ子育てマップ」(A2版)を印刷し、プレゼントします。
<事務局>
子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部
〒180-0014東京都武蔵野市関前2-5-14サポートネット内
T E L  090-3043-0250 / F A X  03-3396-7282
E-mail you-kids-club@ay5.mopera.ne.jp
U R L  http://www.geocities.jp/you_kidsclub/
後援 むさしのヒューマン・ネットワークセンター
詳細はオリジナルサイトでご確認ください。


ポータルサイト『マムズライフ』へ
マムズライフNEWS-キーワード編』へ


スポンサーサイト
  1. 2007/02/11(日) 18:05:28|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼうさい甲子園:成蹊大学ABCレスキューに賞状-神戸/東京

-毎日新聞:1月8日11時1分 オリジナルサイト



阪神大震災から間もなく12年を迎える神戸市で7日開催された「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社、兵庫県など主催=の表彰式・発表会で、大学部門優秀賞に輝いた「成蹊大学ABCレスキュー」に賞状が贈られ、板垣毅さん(4年)が活動内容を紹介した=写真。
ABCレスキューはメンバー全員が24時間の講習を受講し、応急手当てを教えられる応急手当て普及員の資格を取得。メンバーがモデルとなり、AEDの使用法や心肺蘇生法を写真入りで説明したテキストを使い、地元自治会などで救急救命講習を行っている。
発表会では、03年10月からの活動を紹介。学生たちに災害を知ってもらうため学園祭で救助訓練をしたり武蔵野市内の大学や自主防災組織が集まり3月に開催予定の災害時対応のシンポジウムについて話した。
板垣さんは「地域の人も巻き込んだ助け合いの活動を続けたい」と話し、会場から大きな拍手を受けた。


成蹊大学ABCRescueの皆さん、おめでとうございます!成蹊大学を中心とした武蔵野市エリアでの活躍を期待しています。



ABCRescueが講師となる救命救急法講座が武蔵野と三鷹で開催されます。
詳細は、以下のブログでご確認ください。
遊☆きっず倶楽部~~ 活動日記 ~~
武蔵野市ママ・パパのための災害対策&救命救急講座
三鷹市パパ・ママのための救命救急&災害対策講座
  1. 2007/01/09(火) 09:37:45|
  2. 防災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

認知症の母を殺害容疑 介助の娘自首、逮捕へ




6日午前3時50分ごろ、大阪府東大阪市永和3丁目の無職東直美容疑者(60)が「隣に住んでいる母を殺した」と、布施署に自首してきた。同署員が母親で無職橋本きくゑさん(84)宅に駆けつけ、橋本さんが死亡しているのを発見。東容疑者が「認知症の症状がある母親と口論になり、首を絞めた」と供述したため、同署は殺人容疑で逮捕した。

調べでは、東容疑者は夫と長女、義母の4人家族。自宅の西隣に橋本さんと、橋本さんの次男(57)が2人で住んでいた。東容疑者が毎日、橋本さん方に出向いて、橋本さんの身の回りの世話などをしていたという。

東容疑者は「5日夜、母親からなじられ、かっとなって近くにあった荷造り用のひもで首を絞めた」と供述しているという。当時、橋本さんの次男は就寝中で、事件には気づかなかったという。
-asahi.com:2007年01月06日10時52分 オリジナルサイト





  1. 2007/01/06(土) 13:57:16|
  2. 高齢者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PR「SNSでお友だちを紹介して商品券をもらえるキャンペーン!」by遊☆きっず倶楽部

M-po.net遊☆きっず倶楽部からの新着情報です。

新春・SNSマムズライフお友だち紹介キャンペーン」開催予告です。
子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部では、子育て&ママたちの生活情報ポータルサイト『マムズライフ』http://momslife.jpを公開しました。
そして、その姉妹サイトである『マムズライフSNS』も運営をスタートさせています。
その『マムズライフSNS』では、来年4月までに1,000人のコミュニティを目指しており、この度登録促進のキャンペーンを開催します。
お友だちが一人登録するごとに500円分の商品券がゲットできるキャンペーンを前に、まずは皆さんがサイト登録を行ってください。
※ご自身の登録は対象になりません。
なお、お友だち登録のキャンペーン対象期間は2007年1月1日0時からとし、商品券プレゼントは先着100件までとさせていただきます。
なお、マムズライフSNSは、登録しただけで事務局からクーポンなどのお得な情報が届きますので、なんとなーく登録→ちょっと得した感じ!なサイトですので、この機会にぜひご利用ください。
お友だちからの紹介がなくても、来年3月までオープン登録を受け付けていますので、誰でもご参加いただけます。
【問合・連絡】office@momslife.jp
※詳細はコチラのサイトでもご確認いただけます。
  1. 2006/12/31(日) 00:57:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手話巧みに勧誘、返らぬ預かり金 聴覚障害者ら被害訴え

耳が不自由な山梨県の50代のパート勤務の女性が、その社長を自宅に迎え入れたのは05年5月のことだった。
TKY200612300131.jpg

社長が被害者に手渡した借用書の写し。借り主の名前は、社長の個人名や会社名になっていた

「銀行の利子は低い。預けてくれれば、もっといい利子をつけますよ」と持ちかけられた。

東京都港区の福祉関連会社の女性社長(55)。後に聴覚障害者ばかりに同様の勧誘をし、警視庁から出資法違反容疑などで家宅捜索を受けることになる人物だ。

女性が社長に好印象を持ったのは、手話で語りかけてくれたからだ。社長は、兄が聴覚障害者で、手話を幼少時代に身につけた、と話した。

月0.5~0.6%という利息表を示し、手のひらを上にした両手を胸の前で下げるしぐさ(安心してください)をして、笑顔で語りかけた。

信用して400万円を預けた。翌日、不安になって社長に返金を求めたが、突っぱねられた。

年の瀬を迎えた今も返してもらえない。「いい人かと思ったのに」と、後悔の念は募る。

この社長に対する聴覚障害者からの被害の訴えは後をたたない。6人から詐欺容疑での告訴を受けた山梨県警は12月、警視庁と合同捜査本部を立ち上げた。これまでの調べで、被害者は十数都県に250人、総額22億円になるとみられる。

弁護団の一人で、聴覚障害がある田門浩(たもん・ひろし)弁護士は「手話で心をつかんだことが大きい」と言う。全日本聾唖(ろうあ)連盟の久松三二(みつじ)本部事務所長も「常に情報不足の中で、とりわけ今回は女性社長の話術が巧みだったことが被害拡大につながったのではないか」と話す。同連盟は9月、社長の勧誘について「ろう者をねらう犯罪許さず」と機関紙で声明を発表し、注意を呼びかけている。

社長は6月、朝日新聞社の取材に「障害のある人は詐欺にかかりやすいので私が守って、財産を少しでも増やしてあげたいと思った」と弁明した。社長は神奈川県湯河原町で運営していた老人保健施設の経営が行き詰まり、10月に破産した。

山梨県の60代の女性は、障害基礎年金など20年以上かけて蓄えた1100万円を昨年9月に社長に預けた。携帯電話のメールで数十回、「生活費が苦しい。返して」と送信したが、「おとなしく待ってて下さい!」の返事ばかりが来た。

自宅のリフォーム費用に充てるつもりだった。ほかにあてもなく、ストレスから通院している。女性は言う。
手話ができる人が信じられなくなった。そんな自分がつらい

-asahi.com 2006年12月30日11時45分より引用


とても心を痛める出来事です。
最後の一言は、私たちみんなが受け止めるべき言葉です。
なぜなら、私たち自身、他人(ひと)から信用・信頼を受けるのに値する人間になれているのか?と疑問に思うからです。
このような事件があったときに、「ひどい」「かわいそう」と思うことは誰にでもできます。
しかし、大切なのは一歩踏み出すこと=行動をおこす勇気です。
新年を迎える年の瀬だからこそ、来年どんな自分になりたいかを考える一助にしたいですね。


  1. 2006/12/30(土) 15:33:20|
  2. 障害者支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。