-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JAL、国内42空港に「サービス介助士」有資格者290名を配置

JALグループでは、すべてのお客さまに安心して快適な旅行をお楽しみいただけるよう、ユニバーサルデザインを基本にお客さま視点に立った商品・サービスの開発と提供を進めています。

その取組みの一環として、お年寄りやお手伝いのご入用なお客さまにより信頼していただけるサービスを提供するために、JALが就航している国内42空港に「サービス介助士」有資格者290名を配置しました。
サービス介助士」はNPO法人「日本ケアフィットサービス協会」が認定する資格ですが、JALは同協会と業務提携をし、2006年1月より全国の空港スタッフを対象に資格取得に向けた教育を開始しました。
これまでに290名の空港スタッフが、協会主催の通信教育と2日間の実技教習を修了し「サービス介助士2級」の検定に合格、各空港に配置されています。
各空港の「サービス介助士」はJALオリジナルの「サービス介助士バッジ」を着用して、お客さまにも認知していただきながら、資格を活かしたサービスの提供に努めています。
また今後は、サービス介助士が中心となり、資格を持たない空港スタッフにサービス介助の理念や介助技術などを教える、JAL独自の教育を展開していきます。

JALはこれからも“安心とこだわりの品質で、世界を結ぶ「日本の翼」”を目指し、お客さまに快適な空の旅をお届けできるよう、ユニバーサルデザインに基づいた取組みを推進してまいります。

<「サービス介助士」資格について>
・資格内容:お年寄りや障がいをお持ちの方が、移動や施設利用される 際に必要なサービス介助に関する知識や技術、またおもてなしの心を 習得するものです。
・認定機関:NPO法人日本ケアフィットサービス協会
・プログラム:サービス介助の基本理念、接遇・介助技術などの知識に ついての通信教育課程より学習し、実際のサービス介助技術について 2日間の実技教習を受講した後、検定に合格した者が資格認定されま す。

※JALグループでは、日本トランスオーシャン航空(JTA)が既に2004年10月より「サービス介助士」配置の取組みを開始しております。

● 関連リンク (株)日本航空HP
● 関連資料 空港別サービス介助士有資格者数


うーん、サービス介助士?「なにそれ?」的な世界です。
はっきり言って一人よがり。
企業や企業とつながりたいNPOのPRのために作られた何の社会性もないブランド?そんな“あやふやな”ものを資格と称して振りかざされると、そこから専門性が崩れ去るのです。
そりゃあ、商売としては良いですよね。
でも、国家資格に相反して、誰でも取れてしまうのが「福祉」や「介護・介助」の資格とも言えてしまう。保育士に対するベビーシッターやチャイルドマインダーも同じこと。

日本ケアフィットサービス協会によると、「サービス介助士(ケアフィッター)は、「入浴・排泄・食事」など、介護を担うホームヘルパーの資格とは違い、お年寄りや体の不自由な人に対する「おもてなしの心」と「介助技術」を身につけるための資格です。この資格はNPO法人日本ケアフィットサービス協会東京本部が認定しているもので、講座の開催は各地で実施しています。超高齢化社会の到来に備えて、一流企業をはじめ、学校や公的機関などでの導入が積極的に進められています。この講座では「心のバリアフリー」を目指した意識改革や、お年寄りや体の不自由な人々を正しく接遇するための「介助技術」の取得に重点を置いています。」とのこと。
まぁ、表面的には否定する内容はないのだが、公的な介護職は怒っても良いかもしれない。
そして、こんなものを採用したJALも、もはや経営再建が難しいということか?「サービスの質」を見失ってスタンドプレーに走っているようでは、またまた飛行機の整備ミスを起こしそうな予感がします。

しかし、この団体のどこがNPOなのでしょうか?
市民性も専門性も全く感じられないのは私だけでしょうか??
国民の皆さん、そして政治家・官僚の皆さん、NPO法の改正や国家資格の更新制に賛成しますので、どうか専門性や市民性を厳しく評価してください。
もっと一般的な、「教育」「医療」分野も同じですが、こんな民間資格が出てきてしまうのも、専門性の基準や社会的地位が揺らいでいる証拠ではないですか?
価値観の多様化は否定できないものかもしれませんが、「基準」の氾濫は迷惑なだけです。
ここらで統一王者決定戦でも開催してみてはいかがでしょうか?
ホームヘルパー」×「ケアフィッター」とかね。


スポンサーサイト
  1. 2007/02/05(月) 00:22:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。