-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

能登半島地震 災害弱者に厳しい避難生活

-毎日新聞:3月26日17時4分配信 オリジナルサイト
「阪神淡路」「新潟中越」と地震が起こるたびに、同じように報道される被災地の状況。パターン化されているということは、地震への備え事態が全く見直されていないという証拠。
準備不足などによる2次被害などは、もはや自己責任で回避するしかない?
防災をテーマに活動しているNPOのみならず、当事者系のNPOなどと連携して、地震の印象が風化しないうちに対応を進めましょう。



石川県・能登半島地震から一夜明けた26日、新たな負傷者や倒壊家屋が判明し、被害状況はさらに拡大した。各地で復旧作業も始まったが、地震で最も被害を受けたのは、高齢者の比率が高く、過疎に悩む半島の奥の地域。それだけ高齢者や障害者ら「災害時要援護者(災害弱者)」にとっても困難は多く、いつ終わるとも知れぬ厳しい避難生活が予想される。
「避難所ではベッドを置く場所を確保できない」。同県輪島市門前町、無職、西村浩和さん(64)は、進行性の難病「大脳皮質基底核変性症」で寝たきりの妻美千枝さん(61)を介護するため、親族4人と農業用ビニールハウスに避難する道を選んだ。
地震が起きた時、浩和さんは、トイレで美千枝さんの排せつ介護をしていた。強い揺れを感じ、片手で美千枝さんを抱いたまま、もう一方の手で必死に便器をつかんで体を支えた。部屋の家具は、ほとんどがなぎ倒されていた。
幸いにも自宅は倒壊しなかったが、余震で倒れる危険があるため、日中は夫婦で乗用車の中で過ごした。昼過ぎに県南部に住む娘夫婦が駆けつけ、前日に稲作の苗を育てるために建てたばかりのビニールハウスに介護用ベッドや毛布、ストーブなどを持ち込んだ。
美千枝さんは、昨年1月に同病と診断され、昨年末からは寝たきりの状態。現在、要介護認定は4と高いが、普段は浩和さんが一人で介護している。浩和さんは半ばあきらめ顔で「何か災害があっても避難所のようなところに行くのは無理だと覚悟していた。私たちだけなので、急に容体が変わることだけが怖い」と話す。専門医のいる病院までは約60キロある。地震直後、美千枝さんの薬だけは何よりも優先して最初に持ち出した。
夕食はハウス内に持ち込んだカセットコンロで湯を沸かし、インスタントラーメンを作った。美千枝さんは、浩和さんの手から2、3口だけ口にした。小さな余震は断続的に続き、突き上げるような揺れが地面から直接感じられる。「余震が収まるまでは家には帰れんな。ここに残って様子を見るしかない」
「夏祭り、どうすんのやろな」。26日午前1時、浩和さんはふとつぶやいた。復興までの長い道のりを覚悟しての言葉だろうか。ストーブがついているとはいえ、ハウス内の気温は9度。吐く息は白い。それから2時間後、浩和さんはビニールシートの上でマットと毛布にくるまり、美千枝さんのベッドにもたれるようにして眠りについた。
「めちゃくちゃになった家の中を片付けないといけないと思ったら気が重くなってきた」。午前7時前、薄い光が差し込み始めたが、ハウス内はまだまだ寒い。浩和さんは、みそ汁を作る準備を始めた。




スポンサーサイト
  1. 2007/03/26(月) 21:02:35|
  2. 防災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターンシップ:就職前に職場体験 都立高に促進で都と国際ロータリー協定/東京

-毎日新聞:1月16日13時2分配信 オリジナルサイト

教育委員会は15日、就職前に職場を体験するインターンシップを都立高校で促進しようと、各界の実業人や専門職業人でつくる「国際ロータリー」の第2750地区と基本協定を結んだ。来年度から都立高の参加希望を募り、16校ほどが加盟企業などでインターンシップを行う。
職業教育の一環としてインターンシップに取り組んでいる都立高は05年度が205校のうち115校(実施率56%)で、全国の公立高の平均実施率59・3%を下回っている。各校で受入先の確保が課題になっており、同地区が協力することになった。同地区は都内22区市に83クラブ、会員5006人を擁し、受け入れに当たってネットワークを活用する。
この日は都庁内で調印式が行われ、都教委の中村正彦教育長が「子どもたちに正しい職業観をはぐくむ事業が一層進む」とあいさつ。同地区ガバナーで、「坂本クリニック」(八王子市)の坂本俊雄院長は「双方にとって大変メリットのある事業」と話した。また、同地区情報委員長で女優の司葉子さんも「子どもたちにぜひ視野を広めてもらいたい」と期待を寄せた。


「正しい職業観」という言葉に、つい引っかかってしまった。
同じようにインターンを受入れている立場の人間として、インターンシップに対する価値観の大きな乖離を感じる。
一般的に、インターンシップの目的は、学生にとっては「職業観を広げるための体験の場として」「専門性を高める訓練の機会として」「就職活動の一環として」など、自信のキャリアアップや自己実現の手段としてある一方、企業にとっては「優秀な人材の発掘・育成、企業のPR、 学校とのネットワーク作りなどを促進する」といった下心がある。
つまり、学生側により主体的な要素がない限りにおいては、学校教育の一端を企業に切り売りしているのに過ぎず、職業観の定まらない高校生という時期においては、インターンシップが企業の使いやすい人材を育成するための手段にのみなってしまう懸念が高まる。

また、平成19年度より都立高校では「奉仕」科目の必修単位化が始まり、この導入とあいまっての「インターンシップ」の推進も疑問が増す。というのも、この「奉仕」という名称と実際のプログラム内容は、その多くが職業体験となっている。
そう、決して「ボランティア」といったものではないのである。

社会全体でも、低年齢児を対象としたキッザニアなどの職業体験施設が話題を集めているが、日本の企業主義は形を変え未だに根強いようだ。
「格差社会」が問題視されているが、格差が経済力だけでなく、個人の価値観が自分の身分を固定化させている大きな要素でもある。
(キッザニアで体験できる職種のほとんどが実際はパートでまかなわれているようなものというのも…)
主体性を求めず、また保障しない教育は、いわゆる「指示待ち」「マニュアル」人間を育てていく可能性が高い。
そのような人間に育ってしまったら、大樹の陰でひっそりと生きるしか手段がなくなってしまう筈である。

そのように考えたとき、「正しい職業観」が誰によって作られるのか?
ぜひ、高校生の出会うプログラム内容が、彼らの主体性や潜在性を伸ばすものであって欲しいと願うばかりである。









  1. 2007/01/17(水) 22:01:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コンビニ新時代?セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートが福祉サービスの拠点に

ファミリーマート「店長ら介護資格を取得へ」福祉サービス拠点に



コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートは7日、社員や店長に介護関連の資格を取得させ、店舗を福祉サービス拠点として活用する構想を明らかにした。手始めに商品の宅配制度を導入。将来的には、配達先のお年寄りらの安否確認や世話をする“福祉コンビニ”の実現を目指す。コンビニ業界は消費動向の変化や店舗増加で既存店の売り上げ低迷が続いており、各社とも若い女性や主婦、高齢者など客層を絞り込んだ新業態店展開による活性化を模索している。同社は高齢化社会に対応したサービスを柱にすることで競争力向上を狙う。
構想の第1段階は商品の宅配で、来年度中にフランチャイズ(FC)店に導入する。直営店の一部で実験的に始めているが、高齢者向けに弁当の週替わりメニューを組むなど本格展開する。
次いで、ホームヘルパーなど介護関連の資格取得を従業員らに促す。業務上、FC店長の取得が難しい場合も想定されるため、当初は店舗支援要員である「スーパーバイザー」(SV)の社員に資格を持たせる。約1000人いるSVの「半数以上に取得させる」(同社)という。
最終的には、商品の配達者が訪問先の高齢者らの安否確認や、家事などの面倒をみるサービスにも踏み込みたい考えだ。
若い男性を主要顧客としてきたコンビニ業界だが、次の有力顧客層として、シニア層への対応を進めている。すでに、セブン-イレブン・ジャパンが、顧客の注文を聞いて商品を届ける「ご用聞き」サービスを展開しているほか、ローソンも店内に血圧計や休憩スペースを設けた店舗を拡大させている。
約6800店を展開するファミリーマートでは、高齢者が多い地域にある店舗を中心に、福祉サービスの導入を進める構えだ。
平成12年にスタートした介護保険制度では、民間企業も、訪問介護などの介護関連ビジネスを展開できるようになり、居酒屋チェーンのワタミが老人ホームの運営を手がけるなど、企業の参入事例が増えきた。
ファミリーマートは今後、関連法令の研究や、収益に結び付ける事業モデルの検討を進め、本格的な介護ビジネスへの参入も視野に構想の詳細を詰める。
-産経新聞:1月8日8時0分より引用
オリジナルサイト





ローソン子育て応援コンビニ」展開・首都圏に1号店
世界中で人気のうさぎのキャラクター「ミッフィー」をモチーフにしたコンビニエンスストアが登場する。ローソンは10日、子育てを応援する「ハッピー子育てプロジェクト」を18日からスタートし、店内の装飾にミッフィーを起用し、幼い子供をもつ親をターゲットにした店舗展開を行うと発表した。
ミッフィーは、オランダのユトレヒトに在住する絵本作家、グラフィックデザイナーのディック・ブルーナ氏が生み出したキャラクター。絵本は世界中で刊行されて、累計販売数は8500万冊に達する。
ローソンでは2005年に創業30周年を記念して「未来のコンビニを考えよう」のテーマで論文・アイデア募集を行った。「子育てコンビニ」は、最優秀賞を獲得した三重県の主婦、花井みとさんのアイデアによるもの。今年3月に社内横断型のプロジェクトチームをつくり、具体案を練っている。
子育て応援コンビニ」では、子を持つ親が必要な品物やサービスを提供する。登場時期や店舗数、場所などは未定。早ければ年内にも、首都圏に第1号店をオープンする。
プロジェクトの開始にあわせて、ローソンではミッフィーが描かれた絵皿をプレゼントするキャンペーンを7月18日~8月31日まで実施。購入商品に付けられたポイントをためると、絵本を題材にしたイラストが描かれた絵皿をもらえる。絵皿一枚につき1円をユニセフに寄付するという。
ハンバーガーチェーンの「モスバーガー」を展開するモスフードサービスも、ディック・ブルーナ氏のイラストや看板、食器などが使われたファストフード店舗を13日に神奈川県の江ノ島に開設する。
世代を超えて愛されているキャラクターを活用して、親しみやすい店舗をつくり、利用者にアピールする企業が増えてきそうだ。
オリジナルサイト





セブンイレブン「ご用聞き」サービス
セブン-イレブンは、「買い物をしたいけど外出できない」「重い荷物を持ち運べない」というお客さまのために、各店舗の従業員が周辺地域の家々を訪問してご注文をうかがう『ご用聞き』サービスを推進しています。
このサービスは、もともと一部の加盟店オーナーさまが自主的に始められたものですが、高齢の方や妊娠中のお母さん、お身体の不自由な方などから好評であることから、全国の加盟店オーナーさまに「ご用聞き」サービスを推奨。現在ではセブン-イレブンの約6,000店舗で実施しています。
今後は、この「ご用聞き」を通じてうかがった近隣の皆さまのご意見・ご要望を、新しい商品・サービスの開発や従業員教育に生かしていきたいと考えています。
オリジナルサイト





福祉住環境コーディネーターの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。




  1. 2007/01/08(月) 15:24:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

子育てサイトのあり方?

本日、杉並区の子育てサイト「すぎなみ子育てサイト」(まんまですね)がオープンしました。

そこで、子育てサイトについてちょっとだけ考えてみました。
東京都内の子育てサイトを探してみると、ふーん、案外少ないのに気づきます。
私のように武蔵野エリアで活動していると、世田谷があって、三鷹があって、今日杉並がオープンして…と、自分で立ち上げた『マムズライフ』http://momslife.jpが後発のように感じられますが、新宿や江東などに部分的に見られるものの、なかなか存在しないのが実情のようです。
また、掲載情報のほとんどが自治体サービスで、NPOとの協働でコンテンツを管理しているというサイトはほとんどありません。
そのような中、三鷹の子育てサイトはがんばっていると思います。
ネットワーク系のNPOだけを見ても、よく「西高東低」と言われますが、世田谷のせたがや子育てネット、三鷹の子育てコンビニさんをはじめ、品川・新宿・町田などで活躍が見られますが、当事者がニーズを配信しているサイトを増やしていけるようにしたいものです。
ここで大切な提言を一つ。
子育てサイトとは、子育てに必要な情報を配信するために作るものです。しかし、その前に考えなくてはいけないことがあると思います。
それは、どんな情報が求められているのかを把握すること。
そのために、NPOに協力・協働をもとめたり、当事者参加のワークショップなどを開催するのも手ですが、それでは不十分です。
サイトのシステムとして、ユーザーが情報配信できるようにすることが根本的な解決策。まぁ、使い古された言い方をすればWEB2.0の考え方を採用するということです。
しかし、自治体はこれが大の苦手なんですよねぇ…
だれが・どんな情報を配信するかなんて分かりませんから、へんな書き込みがあると怖いということです。
もっとも、それを解決するのもシステムなんですが。

国が少子化対策をおざなりにしていく動向が見て取れる今日この頃ですが、現在の子育て当事者から声を出していただき、またそのニーズに応えていくという基本姿勢を忘れないためにも、各地に子育てサイトができあがり、当事者参加のサイトづくりに取り組んで欲しいものです。



ドメインごと買取

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2007/01/04(木) 16:09:24|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

PR「SNSでお友だちを紹介して商品券をもらえるキャンペーン!」by遊☆きっず倶楽部

M-po.net遊☆きっず倶楽部からの新着情報です。

新春・SNSマムズライフお友だち紹介キャンペーン」開催予告です。
子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部では、子育て&ママたちの生活情報ポータルサイト『マムズライフ』http://momslife.jpを公開しました。
そして、その姉妹サイトである『マムズライフSNS』も運営をスタートさせています。
その『マムズライフSNS』では、来年4月までに1,000人のコミュニティを目指しており、この度登録促進のキャンペーンを開催します。
お友だちが一人登録するごとに500円分の商品券がゲットできるキャンペーンを前に、まずは皆さんがサイト登録を行ってください。
※ご自身の登録は対象になりません。
なお、お友だち登録のキャンペーン対象期間は2007年1月1日0時からとし、商品券プレゼントは先着100件までとさせていただきます。
なお、マムズライフSNSは、登録しただけで事務局からクーポンなどのお得な情報が届きますので、なんとなーく登録→ちょっと得した感じ!なサイトですので、この機会にぜひご利用ください。
お友だちからの紹介がなくても、来年3月までオープン登録を受け付けていますので、誰でもご参加いただけます。
【問合・連絡】office@momslife.jp
※詳細はコチラのサイトでもご確認いただけます。
  1. 2006/12/31(日) 00:57:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。