-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もはやボランティアではない・・・

国による、なんでも「ボランティアで」「団塊の世代で」と、福祉の現場や当事者の気持ちをどう思っているのでしょうか?
福祉現場では、専門職の若年化が進んでいるのと同時に、将来に向けた専門職育成には積極的に協力する必要を感じています。
そして、前提として、経費削減のための人員削減で、現場は自分たちの仕事をこなすので精一杯なのも分かってください。
なので、団塊世代の皆さんにお願いしたいことは、自分たちが破壊してきた「家族」の絆を取り戻して、「家族介護」や「介護予防」に努めること。
決して、リタイアして自分の時間を持てるようになったと、羽目を外さないでいただきたいと思います。
そのような意味で、まずは自分たちの領域に責任を果たしてからの「地域・ボランティアデビュー」をお願いします。
介護保険料にボランティア制、活動に応じてポイント獲得
-読売新聞:4月29日9時14分配信 オリジナルサイト



厚生労働省は、介護保険と連動させた高齢者ボランティア制度を考案し、全国の市町村に普及させていく方針を決めた。
積極的に社会参加してもらうことでいつまでも元気でいてもらい、介護給付費の抑制につなげる考えだ。
参加を促すため、活動実績に応じてポイントが獲得できるようにし、ポイントで介護保険料などが払えるようにする。大型連休明けに各市町村に通知する。
制度案によると、対象は原則65歳以上の高齢者。高齢者施設で食器を並べたり、高齢者の話し相手をしたりするなど、様々なボランティア活動に参加してもらう。ボランティアで得たポイントは、介護保険料や介護サービス利用料の支払いのほか、自分が頼んだボランティアへの謝礼として使えるようにする。


スポンサーサイト
  1. 2007/04/30(月) 12:38:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武蔵野市「ワークショップ・みんなでつくろう子育てマップin2007」

マムズライフNEWSより
みんなでつくろう子育てマップin2007
■平成18年度独立行政法人福祉医療機構助成事業
ママたちだけが知っている?!
クチコミ子育てマップづくりワークショップ

ちらしと申込書(fax)はこちら⇒kosodate_map.pdf
<1日目> 2月17日(土)10時30分~12時
『お茶を楽しみながら子育てマップをつくりましょう♪』
…サロン感覚でおしゃべりしながら、自分のオススメスポットを地図に書き込みます。
参加者には、紅茶かコーヒーをサービスします。
<2日目> 3月 3日(土)10時30分~12時
『家に居ながら子育てマップをつくる方法』
…参加者同士持ち寄った子育て情報を発表し、みんなで掲載情報を選びます。
なお、採用情報提供者には、1点につき100円をお支払いします。
<定員>20名 ※2回連続講座です。
<申込>下記にご記入の上、FAXで送信してください。
F A X  03-3396-7282
または、同じ内容を記載の上、メールでお送りください。
you-kids-club@ay5.mopera.ne.jp
なお、受付は先着順とし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
*参加者には、「クチコミ子育てマップ」(A2版)を印刷し、プレゼントします。
<事務局>
子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部
〒180-0014東京都武蔵野市関前2-5-14サポートネット内
T E L  090-3043-0250 / F A X  03-3396-7282
E-mail you-kids-club@ay5.mopera.ne.jp
U R L  http://www.geocities.jp/you_kidsclub/
後援 むさしのヒューマン・ネットワークセンター
詳細はオリジナルサイトでご確認ください。


ポータルサイト『マムズライフ』へ
マムズライフNEWS-キーワード編』へ


  1. 2007/02/11(日) 18:05:28|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“さりげなく”高齢者宅を見守るシステム、NTTコムウェア

-@IT:2007/02/06 オリジナルサイト



NTTコムウェアは2月6日、離れて暮らす高齢者宅をさりげなく見守るシステム「Tangibleリモートケア」を開発したと発表した。高齢者宅に設置した複数のセンサー情報から、どの部屋にいるかといった人物の位置や状況を自動認識。家族宅など遠隔地に設置されたデバイスに伝えるシステム。家族宅に設置するのは同社が“Tangibleメディア”と呼ぶデバイスで、光の色の変化やポインタが指し示す位置で情報を伝達する。例えば、リビングにいるときには青、ダイニングなら黄色、お風呂なら緑といったように色の変化で知らせる。双方にTangibleメディアを設置することで、家族宅と高齢者宅間で、相互に生活の雰囲気を伝え合うことができるという。また、プログラムの追加により、「火の消し忘れ通知」や「部屋間移動回数の増減などによる体調バロメータ表示といった機能も追加できる。
NTTコムウェアでは今後、老人ホーム事業者、介護サービス事業者、高齢化の進んだ地域の自治体、1人暮らしの高齢者宅と家族宅、単身赴任者とその家族、1人暮らしの子供とその家族などでの利用を目指すという。
tangible01.png





  1. 2007/02/06(火) 23:39:56|
  2. 高齢者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

差別的言葉は撤廃、日本産魚類32種類の和名を改名

-読売新聞:2月1日19時37分配信 オリジナルサイト



日本魚類学会(松浦啓一会長)は1日、差別的な言葉を含んだ日本産魚類32種類の標準和名を改名したと発表した。差別語を使った標準和名はほかの動植物にもあるが、学会として網羅的に改名したのは初めて。
今回改名したのは日本産魚類約3900種のうち、バカ、イザリ、メクラ、セッパリなど、同学会が差別的と判断した九つの語を含む魚32種。例えば「メクラウナギ」は「ホソヌタウナギ」に、「ミツクチゲンゲ」は「ウサゲンゲ」と改名された。同じ言葉が「種」より上位の「属」「科」などの分類単位に使われている例も19例あり、これらも改名した。
標準和名は、ラテン語で表記する世界共通の学名と別に、国内で学術目的に使う日本語名。一般になじみのない学名の短所を補って、生物の研究や普及に役立ってきた。


このニュース、一見時代遅れの気がするのは自分だけだろうか?
「未だに差別用語の使用が残っていた」ことへの「時代遅れ」とも言えるしとれるし、それを思わせる前提として「差別用語」っていう言葉自体を聞かなくなったためだ。
差別用語」とされるものが規定されて後、メディアなどで使用されなくなった成果として、若い世代は具体的な差別用語そのものを知らなくなった。
身近ではなくなったための「時代遅れ感」なのだと思う。
しかし、「差別意識」はなくなっていないし、言葉に表れない分内在化している。
言葉を消す一方で、しっかりとした福祉教育にも取り組んでいきたいものだ。
と、その前に、二胡の音色で心を洗いましょうか?↓オススメです。

  1. 2007/02/02(金) 00:12:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M-po.net遊☆きっず倶楽部が「子育て」「ママ」をキーワードに!生活情報配信します。。。

遊☆きっず倶楽部が運営する子育て情報サイトが、読売新聞でマムズライフが紹介されました♪以下、記事の抜粋です。


-地域密着子育てサイト(読売新聞):2007年01月05日(金) 00時00分
※オリジナルサイトは既に削除されています。



昨年12月に開設された「マムズライフ」のトップページ。
武蔵野市三鷹市で活動している市民グループ「子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部」が、子育て支援サイト「マムズライフ」を開設した。対象は、JR中央線沿線の武蔵野、三鷹市杉並区に住む子育て中の人。自治体の枠組みにとらわれず、生活圏を重視しているのが特徴だ。

子育てヘルパー遊☆きっず倶楽部は、2004年に発足、武蔵野、三鷹市に子育てしやすい環境を作ろうと、地域の子育て支援グループの交流イベントなどを企画しているグループ。

サイト開設は、メンバーらが「子育てのための情報を紹介するサイトはあるが、子育て中に必要な生活情報を紹介するサイトがない」と考えたのがきっかけ。05年10月から準備を始め、先月オープンさせた。

サイトでは、「出産」「食育」「病院」「健康」など八つのカテゴリーに分けて情報を掲載。それぞれの分野の専門家が「サイト案内人」となり、施設やサービスを選ぶ際のポイントや注意点などを紹介する。

「保育サービス」の案内人を務める同グループ代表、加藤正樹さん(34)は、ベビーシッターの料金やサービス内容を比較。行政やNPOのサービスは料金は安いが利用回数などの制限が多く、一方、民間企業が運営すると価格が高くなる傾向にあるとして、「上手(うま)く使い分けるのが賢い利用方法」とアドバイスしている。

そのほか、国や3市区の子育てに関する行政情報のコーナーや、ネットを通して交流を深めるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も設置。今後は、「子育てが一段落した後の再就職支援」「防犯」など、ママの視点に立った情報も掲載していく予定だ。

加藤さんは「一方的に情報を流すのではなく、子育てに関係する多くの人たちと一緒にサイトを作り上げていきたい」と意気込んでいる。マムズライフのアドレスは、http://momslife.jp/




  1. 2007/01/09(火) 10:35:33|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。