-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「協働」を考える②

福祉、市民活動の分野で今一番使用されるキーワードの一つに「協働」という言葉がある。これは、「行政と市民」、「市民と市民」の連携を推進する場面でよく使われている。
ところが、実践の内容を見ると、「コラボ」の意味を知り、効果的に取り入れられている例をほとんど見ない。
そもそもコラボのメリットは、お互いの持っているもの、得意なものを足し挙げることに意味がある。つまり、大前提として「提供できるもの」を持っていなければならない。
※「行政」と「市民」に共通する弱点として「評価されることが苦手」という面があり、協働相手を「選ぶ」という行為自体が敬遠されているのではないか?
次に、お互いが「提供できるもの」を持っていたとして、その足し方には、①同じ要素を足し挙げる場合②違う要素を足し挙げる場合の2種類があることを知る必要がある。
同じ業界の2社が業務提携して、市場の独占を狙う場合は①であり、以下の記事のように異業種の専門性を出し合って、商品の付加価値やブランド力を高めるのが②である。
今回は「コラボ」入門ということで、以下の記事を紹介しするので、自らの市民活動においてどのような「コラボ=協働」がありうるか、ぜひ考える機会として欲しい。



[emoji:v-434]日産「攻殻機動隊」に納車? アニメとコラボモデル
Tシャツ大セール

日産自動車は4日、「攻殻機動隊」などのアニメーションを手がけたプロダクションアイジー(東京都国分寺市)とのコラボレーションを発表した。アイジーが制作中のアニメ「攻殻機動隊 S・A・Cシリーズ」最新作にコンセプトカー「スポーツコンセプト」を登場させる。
日産でデザイン面を管掌する中村史郎・常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーは「若手や中堅クリエーターが交流することで、新たな刺激を受けた」とコラボの社内的効果を評価。「世界で知られるアニメを通して日産ブランドが広まる」と期待を示した。
「攻殻機動隊」は士郎正宗氏の漫画が原作。アイジーが押井守監督を起用して1995年に劇場版アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を作り、全世界で高い評価を受けた。その後、テレビ向けのシリーズを制作。9月1日からは最新がCSで有料放送される。日産の「スポーツコンセプト」はこの最新シリーズに、キャラクターが乗る車として登場する。
「スポーツコンセプト」は14日まで東京・銀座の日産ギャラリーで公開する。
「フジサンケイ ビジネスアイ) - 8月5日8時33分より引用
◆▲●★▼■◆▲●★▼■◆▲●★▼■◆▲●★▼■





スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/08/06(日) 02:08:49|
  2. 協働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

協働を考える①

NPOが活動していく上で、みなさんは協働というものを
どのように考えていますか。



最近いろいろなシーンで、協働について話を聞きます。
行政との協働、企業との協働、大学との協働、
そして、NPO同士の協働。
(協働といってもそれぞれにメリット、デメリットがあり、
簡単ではないようですが・・・)

そして、NPOという組織の性質から、
私は、少しでも多くの協働の形を作っておくことが
大切なのではないかと思っています。

例えば、資金面での協働では、企業との協働は大切であり、
信頼性の面では、行政との協働事業は欠かせないと思います。

現在、私は武蔵野市の「NPO活動促進基本計画策定委員会」の
委員をしていますが、その中で行政として、
どのようにNPOを協働していくかが重要な課題となっています。
行政側としても手探り的なところもあるように思います。

また、企業についても、CSRが重要なものである一方で、
NPOとの協働については消極的なのではないでしょうか。

しかし、このような状況は、NPOにとってはチャンスかもしれません。
協働の良い形が提案、アプローチができれば、
団体としてより安定して自立でき、
事業の継続性が図られたりするのではないでしょうか。

そして、企業、行政などとの協働を組合わせることにより、
市民への認知度や透明性、公共性が増し、
より市民ニーズに対応した活動として、
発展していくように思います。

私の周りでも、良いネットワークをつくり、
それぞれのメリットを活かした協働をしている団体を
多く見かけます。

子育て支援の方は、フットワークが軽く、
パワフルな方達がたくさんいますので、
企業や行政に加え、いろいろな分野のNPOと
どんどん協働し、ネットワークを広げ、
豊かな街づくりを進めてほしいと思います。

㈲TCP 鈴木純平
http://www.ne.jp/asahi/tc-planning/net/
◆▲●★▼■◆▲●★▼■◆▲●★▼■◆▲●★▼■





テーマ:つぶやき - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/07/12(水) 13:47:49|
  2. 協働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。