-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

能登半島地震 災害弱者に厳しい避難生活

-毎日新聞:3月26日17時4分配信 オリジナルサイト
「阪神淡路」「新潟中越」と地震が起こるたびに、同じように報道される被災地の状況。パターン化されているということは、地震への備え事態が全く見直されていないという証拠。
準備不足などによる2次被害などは、もはや自己責任で回避するしかない?
防災をテーマに活動しているNPOのみならず、当事者系のNPOなどと連携して、地震の印象が風化しないうちに対応を進めましょう。



石川県・能登半島地震から一夜明けた26日、新たな負傷者や倒壊家屋が判明し、被害状況はさらに拡大した。各地で復旧作業も始まったが、地震で最も被害を受けたのは、高齢者の比率が高く、過疎に悩む半島の奥の地域。それだけ高齢者や障害者ら「災害時要援護者(災害弱者)」にとっても困難は多く、いつ終わるとも知れぬ厳しい避難生活が予想される。
「避難所ではベッドを置く場所を確保できない」。同県輪島市門前町、無職、西村浩和さん(64)は、進行性の難病「大脳皮質基底核変性症」で寝たきりの妻美千枝さん(61)を介護するため、親族4人と農業用ビニールハウスに避難する道を選んだ。
地震が起きた時、浩和さんは、トイレで美千枝さんの排せつ介護をしていた。強い揺れを感じ、片手で美千枝さんを抱いたまま、もう一方の手で必死に便器をつかんで体を支えた。部屋の家具は、ほとんどがなぎ倒されていた。
幸いにも自宅は倒壊しなかったが、余震で倒れる危険があるため、日中は夫婦で乗用車の中で過ごした。昼過ぎに県南部に住む娘夫婦が駆けつけ、前日に稲作の苗を育てるために建てたばかりのビニールハウスに介護用ベッドや毛布、ストーブなどを持ち込んだ。
美千枝さんは、昨年1月に同病と診断され、昨年末からは寝たきりの状態。現在、要介護認定は4と高いが、普段は浩和さんが一人で介護している。浩和さんは半ばあきらめ顔で「何か災害があっても避難所のようなところに行くのは無理だと覚悟していた。私たちだけなので、急に容体が変わることだけが怖い」と話す。専門医のいる病院までは約60キロある。地震直後、美千枝さんの薬だけは何よりも優先して最初に持ち出した。
夕食はハウス内に持ち込んだカセットコンロで湯を沸かし、インスタントラーメンを作った。美千枝さんは、浩和さんの手から2、3口だけ口にした。小さな余震は断続的に続き、突き上げるような揺れが地面から直接感じられる。「余震が収まるまでは家には帰れんな。ここに残って様子を見るしかない」
「夏祭り、どうすんのやろな」。26日午前1時、浩和さんはふとつぶやいた。復興までの長い道のりを覚悟しての言葉だろうか。ストーブがついているとはいえ、ハウス内の気温は9度。吐く息は白い。それから2時間後、浩和さんはビニールシートの上でマットと毛布にくるまり、美千枝さんのベッドにもたれるようにして眠りについた。
「めちゃくちゃになった家の中を片付けないといけないと思ったら気が重くなってきた」。午前7時前、薄い光が差し込み始めたが、ハウス内はまだまだ寒い。浩和さんは、みそ汁を作る準備を始めた。




スポンサーサイト
  1. 2007/03/26(月) 21:02:35|
  2. 防災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

能登で震度6強=女性1人死亡、170人重軽傷-余震に注意呼び掛け・気象庁

-時事通信:3月25日19時1分配信 オリジナルサイト

25日午前9時42分ごろ、能登半島を中心に強い地震があり、石川県輪島、七尾両市と穴水町で震度6強の揺れを記録した。県警などによると、輪島市鳳至町の主婦宮腰喜代美さん(52)が自宅で石灯籠(どうろう)の下敷きになって死亡したほか、ブロック塀が倒れるなどして石川県内で17人が重傷、137人が軽傷を負い、富山、新潟両県でも計16人が重軽傷を負った。また石川県では住宅52棟が全壊、92棟が半壊した。
気象庁によると、震源地は輪島市の南西約30キロの能登半島沖で、震源の深さは約11キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.9と推定される。このほか震度6弱が同県志賀町、中能登町、能登町で、珠洲市では震度5強が観測された。
同庁は一時、能登、加賀地方の沿岸に津波注意報を発令。午前11時13分、同県珠洲市などで高さ20センチの津波を観測した。
石川県内では、公民館など37カ所に計2235人が避難。谷本正憲県知事は防衛省に自衛隊の災害派遣を要請した。政府は官邸対策室を設置し、調査団を現地に派遣。気象庁も職員を派遣し、被害状況などの調査に当たる。警察庁も災害警備本部を設置した。
輪島市では同日午後6時11分に震度5弱の余震があったほか、同9時までに震度4を2回、震度3を14回観測。同庁は、今後1週間ほどの間に最大で震度5~6程度の余震が起きる可能性があるとして注意を呼び掛けた。また、地盤が緩み土砂災害の可能性が高まっているとして、石川県の大雨警報・注意報の雨量基準を、暫定的に従来の約5割に引き下げた。


安部総理のひ弱さと来たら…
と、そんなことはさて置き、先ずは正確な情報収集に努めましょう。
被害が小さいことを祈っています。





  1. 2007/03/26(月) 03:30:05|
  2. 防災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼうさい甲子園:成蹊大学ABCレスキューに賞状-神戸/東京

-毎日新聞:1月8日11時1分 オリジナルサイト



阪神大震災から間もなく12年を迎える神戸市で7日開催された「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社、兵庫県など主催=の表彰式・発表会で、大学部門優秀賞に輝いた「成蹊大学ABCレスキュー」に賞状が贈られ、板垣毅さん(4年)が活動内容を紹介した=写真。
ABCレスキューはメンバー全員が24時間の講習を受講し、応急手当てを教えられる応急手当て普及員の資格を取得。メンバーがモデルとなり、AEDの使用法や心肺蘇生法を写真入りで説明したテキストを使い、地元自治会などで救急救命講習を行っている。
発表会では、03年10月からの活動を紹介。学生たちに災害を知ってもらうため学園祭で救助訓練をしたり武蔵野市内の大学や自主防災組織が集まり3月に開催予定の災害時対応のシンポジウムについて話した。
板垣さんは「地域の人も巻き込んだ助け合いの活動を続けたい」と話し、会場から大きな拍手を受けた。


成蹊大学ABCRescueの皆さん、おめでとうございます!成蹊大学を中心とした武蔵野市エリアでの活躍を期待しています。



ABCRescueが講師となる救命救急法講座が武蔵野と三鷹で開催されます。
詳細は、以下のブログでご確認ください。
遊☆きっず倶楽部~~ 活動日記 ~~
武蔵野市ママ・パパのための災害対策&救命救急講座
三鷹市パパ・ママのための救命救急&災害対策講座
  1. 2007/01/09(火) 09:37:45|
  2. 防災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被害を冷静に評価する目を持とう!

インドネシア・ジャワ島中部における地震災害
平成18年6月2日午前7時
外務省ジャワ島中部地震災害対策連絡室

1.地震発生及び被害状況
(1)地震発生
(イ)発生日時
 5月27日(土曜日)現地時間午前6時頃(日本時間午前8時頃)
(ロ)震源地(米国地質研究所(USGS))
 ジャワ島ジョグジャカルタ南南西25キロ(マグニチュード6.3)
(2)被害状況
(イ)人的被害
  死者:6,234名(社会省:6月1日7時00分)
  負傷者数:46,148名(社会省:同上)
  避難民:139,618名(同上)
(ロ)物的被害
  家屋倒壊:67,505軒(社会省:6月1日7時00分)
  家屋損壊:165,712軒(社会省:同上)
(参考)人的・物的被害とも、ジョグジャカルタ州南部のバントゥル県周辺で被害が最大。

2.邦人安否確認
 現在までのところ、1名が軽傷を負われたとの情報に接している以外、被害の報告はない。在留届が出されている邦人91人全員の安全が確認されており、旅行者として把握していた19名も安全確認済。在留届が出ていた邦人以外にも、現地に渡航、滞在していたと思われた47人の無事を確認済み。引き続き安否確認を継続中。

3.我が国の対応
(1)5月28日午前、外務省、JICA及び医療関係者からなる緊急援助チーム(7名)を派遣(5月29日午後以降、被害の最も大きいバントゥル県で医療活動に従事。)。
(2)5月28日夜、以下の支援を決定。
(イ)無償資金協力の実施
 総額1,000万ドル(11億1,000万円)の無償資金協力を実施。具体的には、1)被災民向けの物資購入(インドネシア政府及び関係国際機関に対して供与)、2)被災民居住地域の復旧・復興のための施設等の修復・建設、のために使われる。
(ロ)緊急援助物資の提供
 テント、浄水器、発電機、プラスチックシート、毛布、スリーピングマット及び簡易水槽等約2,000万円相当の緊急物資を提供(5月31日、被災地(ジョグジャカルタ)でインドネシア側への引き渡し式を実施)。
(ハ)国際緊急援助隊医療チームの派遣
 団長の外務省職員をはじめ、医師4名、看護士7名、薬剤師1名等から構成され、5月29日朝派遣(→下記4)。
(3)5月29日夜、インドネシア政府よりの医療ニーズが高いとの要請を受け、以下を決定。
 国際緊急援助隊として自衛隊の医療支援のための部隊等を派遣。
(→下記4)

4.国際緊急援助隊の活動
(1)医療チーム
 最も被害の大きかったバントゥル県のムハマディア病院前で医療活動に従事。更に、周辺の山間部でも巡回医療を実施。合計125名を診察。
 6月1日、現地入りしたユスフ・カッラ副大統領が医療チームを訪問の上、支援活動への謝意を表明するとともに、医療チームを激励。
(参考)診療者数の推移:5月29日13名、30日46名、31日103名、6月1日125名
(2)自衛隊医療支援隊
 5月31日、先遣チームが現地入りし、各種受け入れ調整の他、上記医療チームの活動する病院等を訪問・視察。
 6月1日午前、本隊(約50名)が現地に向け出発。

5.インドネシア政府の対応
(1)5月27日午後、ユドヨノ大統領がジョグジャカルタ入り。関係閣僚に対し、被災者の救援に全力であたるよう指示。
(2)5月28日夜、ユスフ・カッラ副大統領は、8月までの3ヶ月間を緊急援助期とし、食料、医療、住宅の供給を最優先する旨述べ、国家の非常事態を宣言。
(3)インドネシア政府は、野戦病院の設置、医療チームの派遣、食事配給施設の設置、テント・食料品・毛布・マット・衣料品・発電機・炊飯器具等の物資を現地に発送する等対応。
(4)国軍は重機、テント、医薬品等の物資の輸送・設置や関係人員の輸送を実施。
(5)BAPPENAS(国家開発企画庁)が中心となり、復旧・復興ニーズを把握するためのミッションを近く派遣する方針を決定。

それにしても、メディアの反応が薄く思われてならない。
慣れたせいか?無関心か?それは至極残念なことだが・・・
被害の内容ではなくて、衝撃度に反応するのが「人」であり、「衝撃」を描くのも「人」である。
とかく感情的で地縁的な“福祉の世界”では、意図的に衝撃を生み出しつつ、冷静に事態を収拾するような、「演出」的なものがあっても良いのかもしれない。




通信制・単位制の八洲学園高校





今!個人投資家から注目!「日経225先物取引」

テーマ:つぶやき - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/06/03(土) 21:05:24|
  2. 防災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。