-コミュニティソーシャルワーカーズ協会-ACSW

コミュニティソーシャルワーカーたちの活動日記 ~地域・福祉・NPOに関する実践と考察の記録!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2055年 出生率1.76に回復 ただし少子化対策すべて成功なら

笑かすタイトルに“◎”二重丸
とりあえず以下の記事をどうぞ。


-産経新聞:01/20 08:50 オリジナルサイト
厚生労働省は19日、国民の結婚や出産に対する希望がかなった場合、2055年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計値)が最高で1・76にまで回復するとの仮定人口試算の結果をまとめ、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の人口構造変化部会に示した。
仮定人口試算は、今後の少子化対策の効果が上がった場合に合計特殊出生率がどこまで改善するかを予測したもの。結婚を希望する女性の割合と夫婦が欲しいと考える理想の子供数に関して、過去の実績に基づく予測値と意識調査をもとにした希望値の差を計算。この差がどれだけ埋まるかを試算した。
昨年末に公表された将来人口推計(中位推計)では2055年の合計特殊出生率は1・26にとどまると予測されていたが、結婚と出産に関する国民の希望が「すべて実現」したケースでは1・76、「3分の2程度実現」では1・61、「2分の1程度」は1・51、「3分の1程度」は1・41に回復するとした。
総人口は合計特殊出生率が2・08を割ると減少に向かうとされており、希望が「すべて実現」したとしても人口減少に歯止めはかからない。だが、厚労省は「1・76にまで回復すれば人口減少カーブはかなり緩やかになり、社会の激変は避けられる」とみている。
人口構造変化部会は今月末に、結婚や出産の理想と現実のギャップ要因についての報告書をまとめ、政府が新設する「少子化対策重点戦略検討会議」に提言。検討会議はこうした国民の希望を満たすための新たな対策の検討を行う。


と、いうことで、全く意味が分かりません。
というのも、今日現在それを評価するべき具体的な少子化対策がないじゃん…ということです。
タイトルのつけ方に、記者の気持ちが乗っています。
きっと、そのあとに「ありえないけどね(笑)♪」と続くのでしょう。
まじめな話「結婚や出産の理想と現実のギャップ要因についての報告書」には目を通したいと思います。
それと問題は子どもの質でしょう!
少子化対策+次世代育成が重要なのですが、その目的を「労働力の確保⇒経済力の維持⇒国力の安定化」と結び付けて考えることが、国民一人ひとりに突きつけられているのですから。
あと20~30年先、結果はあっという間についてきますが、いよいよ取り返しのつかない事態に発展しそうな予感が高まります。
以下の関連記事もどうぞ。
マムズライフニュース~キーワード編「子育て環境変わらぬなら、女性の結婚増で労働力不足に」


━━━━━━━━ 「A8.net」ならメリット盛りだくさん!!━━━━━━━



 ◎2800社を超える広告主の中から、好きな広告素材が選べる!

 ◎一流企業の広告を、あなたのサイトやメールマガジンに掲載できる

 ◎月々数十万円の高額報酬を得ている会員が続々誕生!!

 ◎成果報酬型だからアクセス数の少ないサイトでも登録可能!!

 ◎もちろん会員登録は無料。その後も費用は一切かかりません

 ◎すでに200,000サイトのホームページ・メルマガ運営者が参加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


スポンサーサイト
  1. 2007/01/28(日) 01:57:36|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<差別的言葉は撤廃、日本産魚類32種類の和名を改名 | ホーム | インターンシップ:就職前に職場体験 都立高に促進で都と国際ロータリー協定/東京>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://acsw.blog69.fc2.com/tb.php/46-ac6117f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ソーシャルワーカー】について

ソーシャルワーカーソーシャルワーカーとは、社会福祉事業に従事する人のこと。
  1. 2007/02/17(土) 03:01:36 |
  2. 看護について知っておきたい事

ソーシャルワーカーについて

ソーシャルワーカーソーシャルワーカーとは、社会福祉事業に従事する人のこと。概要社会福祉学を基に社会福祉援助技術を用いて社会的に支援を必要とする人とその環境に働きかける専門職。従来、主として社会福祉事業に携わる人の総称として使用されてきたが「社会福祉士及び
  1. 2007/02/18(日) 16:08:54 |
  2. 高齢者・福祉ETC

ブログ検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

タグリスト

虐待 法務省人権擁護局 浦安老人施設 ぶるーくろす 東京法務局 身体拘束 福祉サービス第三者評価 厚生労働省 介護保険 福祉施設 団塊世代 ボランティア ポイント 地域福祉 ACSW 避難所生活 災害時要援護者 災害弱者 輪島 大脳皮質基底核変性症 新潟中越 阪神淡路 災害時支援 マグニチュード 能登半島 石川県 ABCR 地震 市民活動 コミュニティワーク マムズライフ 杉並区 三鷹市 子育てマップ すぎなみ子育てサイト 教育委員会 いじめ 学校教育法施行令 内閣府 五島列島 美味しいもの Tangibleリモートケア 介護サービス 高齢者 NTTコムウェア ホームヘルパー ユニバーサルデザイン サービス介助士 日本ケアフィットサービス協会 日本航空 日本魚類学会 差別用語 武蔵野市 合計特殊出生率 少子化対策 子育て支援 インターンシップ 国際ロータリー 職場体験 みたか子育てねっと 自主防災組織 救命救急法 東京消防庁災害時救援ボランティア 成蹊大学 防災甲子園 ファミリーマート 子育て応援コンビニ ローソン ご用聞きサービス セブンイレブン 男女共同参画 ホワイトカラーエグゼンプション 認知症 サービス評価 SNS NPO さくら苑 

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。